<<利用者調査WGページへ

LibQUAL+®(ライブカル)2008 調査概要

                                        更新日:2009.8.21
                                        作成者:慶應義塾大学メディアセンター
                                              利用者調査ワーキンググループ

Update  ・8/21 調査実施結果 第2弾を公開いたしました。
       ・ 3/31 調査実施結果ページへのリンクを追加しました。
       ・ 1/13 Libqual質問項目表(3種)をアップしました。

背景および目的

 「慶應義塾大学メディアセンター中期計画2006-2010」の行動計画に従い、
 ・利用者ニーズを把握しサービスの改善をはかる
 ・次期中期計画を策定する材料を得る

調査手法

 北米研究図書館協会がテキサスA&M大学 と協同開発した有料サービスLibQUAL+®を実施した。
 LibQUAL+®は館種や規模の違いを超えて比較可能な指標をもたらす図書館サービス評価ツールであり、
 世界ですでに1,000館の実施館がある。

アンケート項目(日本語版)

 LibQUAL+®の設問構成
   ・コア設問 22項目
   ・追加設問 11項目
   ・回答者に関する設問 5項目
   ・自由記入欄(コメント欄)
   ※上記項目に加えて、実施機関ごとにオリジナルの設問を5つ追加することが可能。

 設問内容(日本語版)
   ・質問項目文(テキスト): pdf    (コア設問+追加質問のみ)
   ・点数表イメージ: pdf  (コア設問+追加質問+回答者に関する質問)
   ・ウェブ画面イメージ(入力フォーム): html

実施記録

 調査実施時期: 2008年10月6日(月)~11月1日(土)

 調査対象者: 全学部正科生(学部生・大学院生)、教職員

 依頼方法: 図書館システムに(利用者レコードが有効期限内で)メールアドレス登録がある方に対して
         依頼メールを送付(計4回:9/24,10/6, 20, 27) 

 インセンティブ: 参加賞 慶應グッズ891点
           謝礼品 ・5名に1万円分のiTunes® / コーヒーショップ / 図書カードから1つ
                ・45名に1,000円分の図書カード

回答数(回答率)速報値

 メール送付数: 36,548種のメールアドレス(34,575人)に送付
            (個別対応/メールエラー含まず)

 回答数(回答率): 5,905件の回答(17.1%)中、5,600件(16.2%)が有効回答

 コメント数: 3,442件(回答中58.3%)

   

広報事例

 メール依頼文:  告知メール pdf/  依頼メール pdf/  再依頼メール pdf/  最終メール pdf

 ポスター:  一般用 pdf /  学生用 pdf

 回答補助ガイド: 30秒ガイド movie-icon/  学生向けアニメーション movie-icon

 調査専用サイト: >>利用者向けQ&Aサイトへ

 【図書館員・運営者の方向け】実施に関するQ&A集: pdf

調査結果の公表, 公表データの使用について

 調査の実施結果(第2弾)を公開いたしました。
 http://project.lib.keio.ac.jp/libqual/report.html

 本サイト内にある資料は図書館評価、アセスメントのためにご自由にお使いいただけます。
 ご利用・引用の際は、利用者調査ワーキンググループにご一報ください。
 また、以下の点にごご配慮ください。
 ・図書館サービスの促進や向上のために用い、特定図書館の名誉を傷つけたり、害を与えるような使い方をしないでください。
 ・独自の調査をお考えの図書館は、LibQUAL+(R)へのご参加をご一考ください。
 図書館コミュニティでのアセスメントの文化醸成のためにご協力をよろしくお願い申し上げます。

関連サイト

 LibQUAL+® http://www.libqual.org/

お問い合わせ・ご質問は

 利用者調査ワーキンググループまでご連絡ください。
<<利用者調査WGページへ