Digital Gallery of Rare Books & Special Collections
デジタルで読む福澤諭吉
各巻の解説



<検索 : 世界国盡. 一 >
タイトル 世界国盡. 一
別タイトル All the countries of the world,for children written in verse
世界国尽
著者 福澤, 諭吉 (Translator)
出版地 東京
出版者 慶應義塾蔵版
出版年 1869 (明治2)
識別番号 福澤関係文書(マイクロフィルム版)分類: F7 A13-01
請求記号: 福 13-1 著作

[解説]

福沢の著書のうちで最も多く人口に噲炙したのは「世界国尽」である。世界地理の概要を童蒙の口に誦え易い調子で暗記させようとの配慮から、江戸の寺小屋などの習字手本によく使われる「江戸方角」「都路」などのように、七五調で面白く書き綴り、習字の手本とすると同時にその文句を諳誦して自然に万国の地理風俗を覚えさせる趣向で著わしたものである。
 木版半紙判六冊本。二三× 一六㎝。表紙は網目模様の地紋の濃藍色、左肩に、子持罫の中に「頭書大全世界国尽 亜細亜洲 一」と記した題箋を貼る。第二冊以下はそれぞれ「亜非利加洲 二」「欧羅巴洲 三」「南米利加洲 四」「南亜米利加洲、大洋洲 五」「附録 六」と書名の下部だけ変えて内容を示している。見返しは本文と共紙の土佐半紙を用い、周囲を飾り罫で囲い、上端に「明治二年己巳初冬」の文字を横書きし枠内の上部に、「世かい国つくし」と題名を掲げ、その下に洋装の婦人が右手に洋書を開き持ってこれを読んでいる姿が描いてある。婦人の左手は半ば開いたコンパスを持って坐傍の大地球儀の上に立て、足の前の床に二三冊の洋書を置き、その上に半ば解けかかった巻紙を配し、巻紙には「世教出/自慈母」の六字が記されてある。婦人の背景には山脈の連峰を描き、その一峰が噴火している。右上端に「頭書大全」の四字を陰陽に彫刻した円形の印章が赤色で印刷され、右側下方に「福沢諭吉訳述」の文字、左側下方に「慶応義塾蔵版之印」の長方形朱印が、それぞれ枠の中に納められている。
 巻の一は、序文四丁、凡例三丁、目録二丁、本文十七丁、折込附図二面。序文、凡例、目録は、いずれも飾り枠の中を毎半葉九行罫に立てて青色で刷り、これに文字を墨刷りにした二度刷りである。序文は漢字片仮名まじり。凡例および目録は漢字平仮名まじり総振仮名つき。本文は上下二段に分れ、下段は本文を習字手本風に大きな文字で書き、上段はいわゆる頭書で、本文の補足的説明を図入りで掲げてある。折込附図は巻頭に東西両半球の図、巻末に亜細亜全図が着色で挿入してある。最後に慶応義塾蔵版目録一丁半が添えてあるが、この目録は、「西洋事情」二編の初版本の巻末に添へた目録と同一版木と思はれる。しかしこの目録の方が少し早く、「西洋事情」二編に添えた目録には最後に四種ほど書名が追加されている。
 巻の二は本文十六丁、巻末に亜非利加洲全図を折り込む。巻の三は本文三十三丁、巻末に欧羅巴洲全図折込。巻の四は本文二十四丁、巻末に北亜米利加洲全国折込。巻の五は本文十九丁、巻末に南亜米利加洲全図と大洋洲全図との二面を折込んである。巻の六は本文二十二丁、「世界国尽附録」と題して、その内容は初歩の地理学概論である。巻末に「明治二年己巳八月/官許/ 禁偽版/慶応義塾蔵版/岡田屋嘉七売弘」の刊記がついている。
 初版の刊行後二年にして明治四年に再版が出た。再版本には初版と同じ体裁の六冊本と、二冊ずつ合綴した三冊本とがある。六冊本には題箋の左下端に小さく「再版」の文字が入れてある。合綴三冊本は初版と同じ藍色の表紙のものと、黒白斜め縞の中に「慶応義塾蔵版」の六字を白く散らし書きにした地模様の全面に銀粉を刷きつけた表紙のものと、二種類ある。見返しの左下隅に「明治四年辛未十二月再刻」と記してある。本文に初版本の誤りを埋め木して訂正した跡がある。従って初版本よりは再版本の方が内容的には正確である。
 再版六冊本の巻の六の巻末に慶応義塾蔵版目録が一丁添えてある。この目録は「西洋事情」初編巻之三の明治三年再版本の巻末に附した目録と同一版木を用いたと思われるが、この書の方が新しく、最後に四種ほどの新刊書名が追加されている。その追加書名の中に「学問のすすめ 一冊」「童蒙をしへ草初編 三冊」「童蒙をしへ草 二編 二冊」と記されているところを見ると、この再版本が「明治四年辛末十二年再刻」と称するにも拘らず、実際に刊行発売されたのは明治五年の夏ごろであったように推察される。「学問のすすめ」の初編の刊行は明治五年二月と伝えられているし、「童蒙をしへ草」の二編は明治五年季秋の刊行であるから、予告として目録に載せたとしても、刊行発売はどうしても夏ごろと見なければ月日の勘定が合わないからである。
 合綴三冊本には右の蔵書目録はなく、六冊本にも三冊本にも巻末に初版本と同じ刊記がついている。
 明治五年になって「素本世界国尽」というのが出た。これは一八・八× 十三・二㎝の小型の三冊本で、表紙には三種類ある。一は網目地紋濃藍色、二は茶と藍との横縞模様、三は黒白斜縞に「慶応義塾蔵版」の文字を散らし銀粉を刷きつけた模様である。題箋は子持罫の枠の中に「素本世界国尽一(二、三)」と記してある。見返しは、黄色和紙、子持罫の枠の中を縦三つに区切り、中央に「素本世界国尽全三冊」、右に「福沢諭吉著」、左に「明治五年/ 壬申初冬福沢諭吉売弘」と記し、右下に「慶応義塾蔵版之印」の朱印を押捺してある。内容は、序文、凡例、目録、頭書、附図、附録の一切を削り、本文だけを習字手本風に大書し、口絵に東西両半球の世界地図を見開きに掲げただけで、各巻の六大洲の図を省略してある。
 巻の三巻末に「壬申仲秋応嘱 内田晋斎書」と記し「藤原嘉一」の陰刻と「晋斎」の陽刻との方印が落款のように押捺してある。これは版下書家の署名である。
 明治八年に「真字素本」と銘打った二二・四× 一五・五cmの木版半紙判一冊本が出た。表紙は網目地紋の濃藍色。左肩に、子持罫の枠の中に「福沢諭吉著/ 真字/素本/世界国尽」と記した題箋がある。見返しは黄色和紙、子持罫の枠の中を縦三つに区切り「福沢諭吉著/真字素本/世界国尽/明治八年三月新刻福沢氏版」と記し、左下端に「福沢氏蔵版印」の長方形朱印が押捺してある。
 内容は前記の素本と国様に本文だけで、読本風に漢字片仮名まじり毎半葉九行二十字詰に彫刻したもので、全部で二十五丁、巻末二十五丁オモテに「真字素本世界国尽終明治八年三月新刻」と記し、そのウラに「明治九年二月二日版権免許/著者兼出版人/ 東京第二大区九小区/ 三田弐町目拾三番地/ 福沢諭吉」と奥附が印刷してある。八年三月の新刻から九年二月の版権免許までの間に約一年近くの月日が経過しているが、或はこの奥附なしで出版されているものがありはしまいかと想像せられる。
 右のように「世界国尽」は彩しい発売部数を算し 世を風靡するの概があったので、この書の内容を基礎にして僅かに字句や言いまわしを変えただけの偽版も出版され、又これに倣っていろいろのテーマを七五調に綴った類書も数多く出た。「世界国尽」の口調にいつの間にか一種のメロディが生まれ、後年の軍歌調を生む基となったとも伝えられ、又この書に倣った口誦本の氾濫が、やがて十四年の「新体詩抄」を生み出す源となったとも言われている。


画像をクリックするとeBOOKが表示されます。 (※Flash Player 7以上をご利用下さい。)