Digital Gallery of Rare Books & Special Collections
デジタルで読む福澤諭吉
各巻の解説



<検索 : 帳合之法. 初編. 一 >
タイトル 帳合之法. 初編. 一
別タイトル Bookkeeping
著者 福澤, 諭吉 (Translator)
出版地 東京
出版者 慶應義塾出版局
出版年 1873 (明治6)
識別番号 福澤関係文書(マイクロフィルム版)分類: F7 A19-01
請求記号: 福 19-1 著作

[解説]

日本に於ける西洋簿記学の最初の文献である。アメリカで連鎖組織の商業学校六十校ほどを経営していたブライヤントおよびストラットン共著の学校用簿記教科書(Bryant and Stratton, Common School,Book-keeping ) を翻訳したもので、まだ「簿記」という訳語がなく、わが国の商店などに用いられる「帳合」の語を以てこれに当てた。そのほか単式を「略式」、複式を「本式」とするなど、初めて訳語を案出するに苦心した。日本数字を縦に並べる表記法は、この書の翻訳に当って福沢の案出したもので、現在でも国家財政や会社の決算報告などにこの方式に拠っているものが見られる。
 木版半紙判(二二・五×一五・二cm)、初版二冊、二編二冊。表紙は黒白の縞模様に「慶応義塾蔵版」の六字を散らし書きに陰刻し全面に銀粉を刷きつけた用紙を使い、左上に題箋が貼ってある。題箋には子持罫の中に「帳合之法 初編一(二)」と記してある。
 見返しは上部に黒版と天秤の衡、下部に算盤、右側に帳簿三冊と毛筆、左側に帳簿三冊と天秤棒とを描き、これを上下左右の枠としたその中央に「福沢諭吉訳/ 帳合之法初編二冊/慶応義塾蔵版局」と記し、「慶応義塾出版局」の文字の下に「慶応義塾蔵版之印」が捺してある。上部の黒版には白字で2533\1873 \ 明治六年六月」と記し、右側の帳簿には「大帳」「金銀出入帳」「仕入帳」、左側の帳簿には「日記帳」「手形帳」「売帳」とそれぞれ記され、右側の毛筆の軸には「筆端能ク一世ヲ経緯シ」、左側の天秤棒には「努力以テ天下ヲ富実ス」の文字が記されてある。
 巻之一は凡例八丁、文末に「明治六年二月十日」の日附がある。本文五十九丁。巻之二は本文六十九丁である。二編の初版本は未見であるが、再版本によりて察するに、初編とほぼ同様の体裁と思われる。
 明治九年に再版が出た。再版本の表紙は網目模様の地紋の濃藍色。題箋は大体初版本と同様であるが、書名の右肩に「福沢諭吉著」の小文字が加えてある。見返しは蔵版印が「福沢氏蔵版印」と改まっている外は、初版本と変りがない。巻之二の最後に左の奥附がある。
 定価六拾五銭 明治九年二月二日 版権免許 東京第二大区九小区 三田二丁目拾三番地 福沢諭吉
 なお、ウラ表紙の内側は、次の通り売捌人の連名が掲げてある。すなわち「売捌人」と横書し、その下に「慶応義塾出版社/東京三田二丁目二番地/ 山中市兵衛/ 同芝三島町/丸家善七/同日本橋通三丁目前川善兵衛/大阪北久宝寺町四丁目/大野木市兵衛/ 同心斉橋壱丁目/梅屋亀七/同備後町四丁目/武藤吉二郎/同谷町三丁目」
 二編は、初版本を見ていないので、再版本によってその姿を記しておく。表紙は初編の再版本に同じで題箋も同様である。巻次は初編から追って「三、四」となって
 いる。見返しも初編とほぼ同じで、上部黒版の中の文字が「2534 \1874 \明治七年六月」と改まり、「福沢諭吉訳」の文字の下に「福沢氏蔵版印」が捺され、「慶応義塾出版局」の文字の下に「定価六拾五銭」の長方形朱印が捺してある。
 巻之三は訳者附言二丁、本文第三丁から第四十八丁まで。巻之四は訳者附言一二丁、本文第一丁から第四十七丁まで。この一巻に限り帳簿様式を朱刷りとし、これに記入例を墨刷りと朱刷りとの二度刷りを用いてある。巻之四の巻末に「明治九年二月二日版権免許/東京第二大区九小区/ 三田弐丁目拾参番地/ 福沢諭吉」と印刷してある。
 以上の四冊を和紙木版刷りのまま合本して、西洋風の製本に仕立てたものがある。二五× 一六・七cm。ボール紙を芯にした厚表紙で、赤青黄の三色で細かなマーブル模様を染めた洋紙を貼り、背と上下の角を黒の皮装とし、背に「帳合之法」「福沢諭吉著」の金文字を打ち込み、書名の部分の皮を赤く染めてある。見返しは白の洋紙。和装本の見返しの図案を洋紙に印刷して扉とし、二編の初めにも同様の中扉が挿入してある。蔵版印は初編二編とも扉に「慶応義塾蔵版之印」が押捺してある。初編巻之二の巻末は初版のままで、二編巻之四の巻末は再版に同じである。巻末頁の左下隅に「丸屋商社之印」と刻した矩形朱印が捺してある。
 明治十一年に藤井清著「略式帳合法附録」という書が出た。「帳合之法」の和綴本と同大の木版和紙一冊本で、網目模様の地紋の青表紙である、見返しは黄色の和紙に「藤井清著/ 略式帳合法附録 全/ 明治十一年第十一月」と記し、下半部に「日記帳/大帳/ 金銭出納帳/ 手形帳/仕入帳/売帳/船積帳/雑費帳」と記してある。本文五十二丁。巻末に「明治十一年十月廿五日版権免許 定価弐拾五銭/著者兼出版人 山口県平民、藤井清 東京第二大区九小区三田四丁目廿六番地」と記し、ウラ表紙の内側に売捌人として慶応義塾出版社を筆頭に七名の書肆名が列記してある。


画像をクリックするとeBOOKが表示されます。 (※Flash Player 7以上をご利用下さい。)