Digital Gallery of Rare Books & Special Collections
インキュナブラコレクション
[ Japanese / English ]
017 ヨハネス・ド・サクロボスコ 『天球』 (ケルン、ハインリヒ・ケンテル印行、1500年7月7日)
 A1r A1r
π1r π1r A1v A1v
A2r A2r A4r A4r
F3r F3r H3r H3r
H3v H3v upper cover upper cover
lower cover lower cover
Author : Johannes de Sacro Bosco
Title : Sphaera mundi. Comm: Wenceslaus Faber, de Budweis
Language : lat
Format : 4º
Place of Publication : Cologne
Printer : Heinrich Quentell
Date of Publication : 1500-07-07
Binding : Full green nigel morocco, gilt decorated front cover and red morocco inlays, by Zaehnsdorf.
Bibliographical Notes : 39 leaves (of 40), wanting H4; early marginalia throughout; a note on the design of binding with the signature of W.F.O. (=Walter Oakeshott); contemporary annotations in italics.
Provenance : Frarum Monsterii S.S.... (signature; title page).
ISTC : ij00422000
Reference : Goff J422, HC 14124*, IJL 186, IJL2 231, PP 47
Shelfmark : 120X@643@1
Acquisition Year : 1985

 サクロボスコ(d. 1236年頃)は13世紀の著名な数学者・天文学者である。1200年頃イギリスのヨークシャー州ハリファックス(Holywood, Holyfax, Halifax)に生まれたとされ、サクロボスコという名前は生地のラテン語名だという伝承があるが、それを裏付ける証拠はない。本書のタイトルページではSacro bustoとなっているが、他にも(Joannes de) Sacrobosco, Sacro Bosco, Sacrobusto, John of Halifaxなどと表記される。サクロボスコはパリ大学で数学を教え、同地で1236年頃に没した。球面天文学に関する本著作は天動説宇宙論の教科書として好評を博し、初期刊本時代だけでも24版が印刷され、17世紀まで多数の版が印刷され続けた。
 ケンテル(d. 1500 年)はケルンで活動した印刷業者で 、木版画による挿絵が多数入った聖書の印刷で知られる。日付入りの最も古い印刷物は1479 年であり、1484 年以降は第二の印刷所を持っていた。
 本書にも、タイトルページ裏にページ大の図版があるほか、全体では合計28の木版画が図版として使用されている。図版中の文字は、活字ではなく、版木に彫られたものである。折記号D5以降のページには表も印刷されている。
 ラテン語の一段組のテクストにはゴシック体の活字が使われ、伝統的な縮約形や略字が多用されている。本文と注釈が交互に現れ、本文は少し大きな活字で行間を広くとり1ページ25行で、注釈は42行で印刷されている。行末は非常によく揃っており、単語が次の行やページに分かれる場合は '/' で示されている。
 各折丁の前半の紙葉には、'A ii' のようにアルファベットの大文字とローマ数字の折記号が印刷されている。'A iii' であるべき紙葉は 'A iiii' となっており、後世に鉛筆で修正されている。一方、文章中ではアラビア数字が使われ、4は筆記体の小文字l(エル)のような形である。捕語は見られない。
 本文には装飾大文字を手描きで挿入するための空白が設けられているが、慶應本ではほとんどの箇所が空白のまま残されている。タイトルページ以降、余白や図版中には茶色いインクで数多くの書き込みがなされている。また、遊び紙には6種類の筆跡による書き込みがある。右上隅の 'W. F. O.' と署名された1944年の書き込みには、このコピーが(ロンドンにある製本所)ツェーンスドルフで 1943-44年に製本されたもので、装丁デザインは自分が手がけたと記されている。このW. F. O. とは、下部の書き込みにもある通り、トマス・マロリー『アーサー王の死』のウィンチェスター写本の発見でも有名な元オクスフォード大学副総長ウォルター・フレイザー・オークショット(1903-87)のことである。
 緑のモロッコ革の中央に、金の模様で囲まれた菱形の赤いモロッコ革が埋め込まれ、そこに金文字でタイトルが入っているという装丁である。
 
 【参考文献】
 DNB
 Martins, Roberto de Andrade, Johannes de Sacrobosco [accessed 19 August 2007]
 
 (MA)

画像をクリックすると高精細画像が表示されます。  <執筆者・協力者一覧>  <略語一覧