2017/04/06 新たに 「慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション」 を公開しました。

Digital Gallery of Rare Books & Special Collections
インキュナブラコレクション
[ Japanese / English ]
018 バルトロマエウス・アングリクス 『物性論』 (ニュルンベルク、アントン・コーベルガー印行、1492年6月20日)
 π1r π1r
front pde front pde front fep front fep
π1v π1v π2r π2r
a1r a1r k4r k4r
I7v I7v upper cover upper cover
lower cover lower cover
Author : Bartholomaeus Anglicus
Title : De proprietatibus rerum
Language : lat
Format : fº
Place of Publication : Nuremberg
Printer : Anton Koberger
Date of Publication : 1492-06-20
Binding : 17th-century Spanish marbled calf over wood, spine with 5 raised bands and leather label.
Bibliographical Notes : 199 leaves (of 200), wanting the final blank; spaces for initials with guide letters; running titles.
Provenance : Bookplate with a motto "BEATUS HOMO QUEM TU ERUDIERIS DOMINE".
ISTC : ib00141000
Reference : Goff B141, HC 2510*, BMC II 435, GW 3413, IJL 053, IJL2 062
Shelfmark : 120X@625@1
Acquisition Year : 1985

 著者バルトロマエウス・アングリクス(1203以前-1272)はイギリス出身のフランシスコ会士で、サフォーク州のグランヴィル(Glanville)家出身の14世紀の人とも考えられたが、信憑性はない。パリで学び、1224年からサン・ドニの修道会で聖書についての講義を重ねた。1231年にはマグデブルクでフランシスコ会士に神学を教えるべくドイツに派遣され、1240年代にマグデブルクで『物性論』を編纂した。その後は、オーストリア、ボヘミア(ポーランドも管轄内)等で重職に就き、1262年にはマグデブルクに戻り、1272年に死を迎える(Seymour, 'Bartholomaeus Anglicus', pp. 161-62)。
 『物性論』は彼の生徒でもあった修道士達に、聖書に登場する事物や地名についての解説を提供するため、アリストテレスなど、当時翻訳されたばかりのギリシャ、アラビア、ユダヤのものを含む様々な書物から編纂された。内容は医学、地理学、神学、哲学、天文学、年代学、動物学、植物学、鉱物学など多岐にわたり、全19巻にまとめられている。ヨーロッパ各国に広まり、原語のラテン語から、1372年の王命によるフランス語訳、1398年の英語訳のほか、スペイン語、オランダ語、イタリア語、プロヴァンス語にも訳された。1472年にドイツのケルンで最初の印刷本が刊行されて以来、少なくとも1500年以前に14回印刷され、1601年に最後の版、1609年にその重版が出されている(Seymour, Bartholomaeus Anglicus, pp. 262-63)。シェイクスピアを始めとするエリザベス朝の作家達に、科学的知識を提供した書物でもあった(Se Boyar, p. 168)。
 慶應本の印刷者、アントン・コーベルガー(1440-1513)はニュルンベルク最大の印刷業者で、1470年頃印刷業を始め、1509年までには工房は24台もの印刷機(例えば、1564年でジュネーブの20の印刷工の85%が1-2台、15%が4台の印刷機を所有)を擁し、ヨーロッパ各地にも事業を広げていった(Glaister, p. 268; 雪嶋)。慶應本の刊記(フォリオ199v = I7v)には、1492年6月20日の日付がある。
 タイトル部分は、作者名からrが抜けているものもあるが(Walsh, p. 284)、慶應本には正しく入っている(フォリオ1r = π1r参照)。旧蔵者の蔵書表に加え、右見返し紙及びフォリオ5r、67r、68v、163r(= a1r, l3r, l4v, D3r)に書き入れがあり、フォリオ番号もインクで書かれている。頭文字が入るべき箇所には、3行から5行分のスペースが空けられ、どのアルファベットを入れるかを示す小さな文字がほぼ一貫して入れられているが、全て空白のまま残されている。
 
 【参考文献】
 Glaister, Geoffrey Ashall, Encyclopedia of the Book, 2nd edn (New Castle, DE: Oak Knoll; London: British Library, 1996)
 Lenhart, John M., 'Bartholomaeus Anglicus', in The Catholic Encyclopedia: An International Work of Reference on the Constitution, Doctrine, Discipline, and History of the Catholic Church, ed. by Charles G. Herbermann and others, 16 vols (New York: Appleton, 1907-14), II (1907) [accessed 29 August 2007]
 Se Boyar, Gerald E., 'Bartholomaeus Anglicus and his Encyclopedia', Journal of English and Germanic Philology, 19 (1920), 168-89
 Seymour, M. C., Bartholomaeus Anglicus and his Encyclopedia (Aldershot: Variorum, 1992)
 ---, 'Bartholomaeus Anglicus', in DNB, IV, 161-62
 Walsh, James E., A Catalogue of the Fifteenth-Century Printed Books in the Harvard University Library, Medieval and Renaissance Texts & Studies, 84, 97, 119, 150, 171, 5 vols (Binghamton: State University of New York, 1991-97), I: Books Printed in Germany, German-Speaking Switzerland, and Austria-Hungary
 雪嶋宏一、「西洋古版本の手ほどき」 No. 8 (2006年12月15日) [accessed 29 August 2007]
 
 (YO)

画像をクリックすると高精細画像が表示されます。  <執筆者・協力者一覧>  <略語一覧