引用について理解する

引用する際の留意点

「引用」する際は以下の2点に留意しなければなりません。

  • それぞれの研究者や研究成果のオリジナリティ(独自性)を尊重すること
  • 読者が検証する際に元の資料を参照できること

具体的には、他人の研究成果、あるいは自分の研究成果でも別の著作と、現在書いている論文・レポートの独自の内容とが区別できることが重要です。また、読者が元の研究成果に戻って参考にするためには、一般的に入手しやすい情報を引用し、典拠として必ず引用した情報源の書誌事項(論文のタイトルや掲載誌名、巻号、ページなど)を標準的なスタイルで示すことが大切です。

3/18
←前の頁へ →次の頁へ