著作権を理解する

著作物の利用(海外)

では、ここからは応用編です。

ここまで学習してきた「著作権」は、日本の法律に基づいています。しかし、当然ながら、著作物である絵画や映画、小説は国境を越えて伝わっていく要素が大きく、我々も、日々多くの海外の著作物に触れています。海外の著作物は日本でどのように扱われ、日本の著作物は海外でどのように扱われているのでしょうか。

それを定めているのが、条約です。対象の国がどの条約に加盟しているかによって、著作権に対する考え方が異なります。しかし、世界の主要国のほとんどはベルヌ条約あるいはWTOに加盟していることから、大学1,2年生が利用する外国の著作物のほぼ全てに、日本の著作権法を適用できるといってよいでしょう。
下記に著作権関係の条約をまとめます。

ベルヌ条約 無方式主義。著作権の基本的条約
→日本の著作権法を適用
万国著作権条約 方式主義の国におけるベルヌ条約未加盟国の著作権保護
→©マーク、著作者名、発表初年の表示
TRIPs協定 ベルヌ条約の遵守を求める。WTO加盟国に対して効力を持つ。
→日本の著作権法を適用
二国間条約・協定 国ごとに個別に著作権に関する条約を締結している場合がある。
→個別に対応

二国間条約・協定 > ベルヌ条約  ≧  TRIPs協定 > 万国著作権条約

7/11
←前の頁へ →次の頁へ