プレゼンテーションのための資料をデザインする

なぜデザインするのか

よりわかりやすく気持ちよく伝えるために

プレゼンテーションでは、自分の考えや、アイデアを相手にいかに上手く伝えられるかが重要になります。聴衆は、あなたの話す言葉や態度とあわせて、説明のために用意した資料からも、あなたが伝えたいことは何かを読み取ろうと努力します。

資料づくりにおいて以下の点を考慮すれば、聴衆の理解を得ることができ、気持ちよくあなたのプレゼンテーションを受け入れてもらえるはずです。

  • レイアウト−情報の整理と配置
  • タイポグラフィ−文字の選択と大きさ・スタイル
  • カラーリング−色の選択と組み合わせ

また、これらを考慮する前に、以下の点が明確にされている必要があります。これは資料をデザインする、しないに関わらず、プレゼンテーションをするにあたっての基本です。

  • 最も伝えたいことは何か
  • どういった印象をもったプレゼンテーションを行いたいか
2/9
←前の頁へ →次の頁へ