プレゼンテーションのための資料をデザインする

色による対比

色の選択と組み合わせ

異なる色を用いることも、対比を生み出す方法のひとつです。

次の例は、前節で文字の大きさによる強調を加えたものに、さらに色の違いを加えたものです。 Aに比べBでは、見出しとそれ以外の部分に、よりはっきりとした対比を感じとることができるはずです。

次の例では、さらにタイトル部分をより明確に区別し強調することで、よりわかりやすい表現を試みたものです。

色がもたらす効果は、対比だけではありません。書体の選択と同様に、どのような色を用いるかによって、情報の理解しやすさや読みやすさ、さらにはプレゼンテーションが聴衆に与える印象が変わります。次に示す色の性質や関係を理解し、より効果的な配色について考慮しましょう。

6/9
←前の頁へ →次の頁へ