プレゼンテーションのための資料をデザインする

色のもつ性質と与える印象

色のもつ属性として、色味をあらわす「色相」、色の鮮やかさをあらわす「彩度」、色の明るさをあらわす「明度」の3つがあげられます。

一般的には、色相のうち赤やオレンジ、黄色といった暖色系の色は、華やかさ、躍動感などのイメージを与え、青や水色といった寒色系の色は、落ち着きのあるイメージを与えるとされています。明度は軽快さや、重厚感といったイメージに、彩度の高さは新鮮さといったイメージに関係します。さらに明度と彩度の関係は、軟らかさや硬さのイメージに関係します。

色相の関係を環状に配置し表現したものが色相環と呼ばれるものです。色相環で反対に位置する色(補色)との組み合わせは、コントラストが強く、相対した関係を表す際に効果的です。色相環で隣り合わせの色(類似色)や、同じ色相で明度や彩度に差をつけた色(同系色)との組み合わせは、関係の近さやまとまりを表す際に効果的です。

配色サンプル

7/9
←前の頁へ →次の頁へ