プレゼンテーション

準備

プレゼンテーションのためには準備が必要です。

プレゼンテーションは、日常的な会話とは異なり、目的を持って行うものです。よりフォーマルな言葉が用いられ、日常会話とは異なった話し方が求められます。このため、効果的なプレゼンテーションを行うには、準備に時間をかけることが必要です。十分に準備して臨むことで、本番での不安も少なくなります。

プレゼンテーションのための作業は、レポートを書く作業にとても似ています。

図

レポートを準備なしでいきなり書き始める人がいないように、準備なしでプレゼンテーションに臨むことは危険です。きちんと準備をして当日に臨むようにしましょう。

ステップ1. プレゼンテーションの趣旨を理解する

  • 何が求められているのか?
    まず、プレゼンテーションの目的について考えましょう。自己紹介、主張、調査報告など、何のために行うのかを明確にします。
  • 誰に対して行うのか?
    聴衆は学生ですか?それとも専門家ですか?一般の人たちですか?効果的に話すために聴衆を分析してみましょう。聴衆に最も効果的に伝えるには、どのような方法や話し方が良いのかを検討します。

ステップ2. テーマを決定する

プレゼンテーションの趣旨に合ったテーマを決定します。決定したテーマは、時間制限などを考慮して、適切な大きさになるように絞り込んでいきます。

ステップ3. 情報を収集する

プレゼンテーションのための材料を収集します。図書や雑誌論文、新聞記事、統計データ、インターネット上の情報など、これまで学習した様々なタイプの情報を活用しましょう。テーマについての背景情報などが知りたいときには、事典類を活用します。

3/10
←前の頁へ →次の頁へ