プレゼンテーション

当日は:質疑応答

質疑応答質疑応答の時間がある場合には、プレゼンテーションの初めにその旨伝えておきましょう。聴衆は、そのつもりであなたのプレゼンテーションを聞くことができます。

  • 聴衆からの質問はメモを取りながら聞きましょう。
  • 質問は、発表者には聞き取れても聴衆に聞こえていない場合もあります。質問に答える場合には、「今の質問は、、、」と質問の趣旨を繰り返した後に始めると親切です。
  • 質疑応答にも時間制限があります。許された範囲内で聴衆との生の議論をまとめなくてはなりません。一つ一つの質問には可能な限り簡潔にしかも的確に答えます。
  • 質問者との討論になりすぎないよう気をつけましょう。他の聴衆のことも忘れてはなりません。

あなたが質問者になった場合に効果的な質問ができるよう、要点を押さえ簡潔に質問しましょう。

 
8/10
←前の頁へ →次の頁へ