KOSMOSの使い方

所蔵資料を検索する

簡易検索

検索窓に1語以上のキーワードをスペースで区切って入力し、検索 をクリックしましょう。キーワードを複数入力した場合は、それらのキーワード全てを、いずれかのフィールドに含んでいる資料を検索します。


簡易検索

探している資料の形態や検索項目が決まっている場合は、情報検索の基本で学んだように検索フィールドを指定することも有効です。検索窓の下のプルダウンメニューで、検索フィールドを選択することができます。「@資料種別」、「A検索方法」、「B検索項目」、「C検索範囲」を指定して検索することで、探している資料が見つけやすくなります。


A検索方法では、「検索語をどこかに含む」、「フレーズ検索」、「前方一致検索」を選択することができます。通常は「検索語をどこかに含む」が選択されており、入力されたキーワード全てがいずれかのフィールドに含まれているものを検索します。「フレーズ検索」とは、情報検索の基本で学んだ通り、2語以上の検索語をそのままの語順で検索する方法です。「前方一致検索」とは、指定したキーワードで始まる語句のみを検索する方法です。


検索結果の表示画面では、絞り込みや並び変えを行うことができます。

KOSMOSの検索規則

KOSMOSを検索する際は、次の点に気をつけてください。規則通りに検索を行わないと、正しい検索結果を得ることができません。

・外国人著者を検索する場合は元の綴りで入力してください。
×
マックス ウェーバー
Max Weber
・「&」や「・」といった記号類は入力せず、スペースに置き換えて下さい。

検索語の入力方法

 「情報検索の基本」で学んだ検索式を立てるテクニックは、KOSMOSでも利用することができます。

AND検索: スペース
地球温暖化 気候変動

「地球温暖化」と「気候変動」の両方を含む資料を検索します。


OR検索: OR
地球温暖化 OR 気候変動

「地球温暖化」あるいは「気候変動」いずれかの語を含む資料を検索します。


NOT検索: NOT
地球温暖化 NOT 排出量

「地球温暖化」を含み、かつ「排出量」を含まない資料を検索します。

4/11
←前の頁へ →次の頁へ