法令の探し方

法令の種類と制定機関

それでは、法令とその制定機関について紹介します。

まず、憲法ですが、これは日本においては最も基本的な法令で、改正も簡単にはできないようになっています。改正の際には国会の審議と、国民審査によらなければなりません。

法令の性格について考える際は、制定権を持っている機関の性格について考えると理解しやすくなります。法令は一般に単体ではなく、法令の目的や主な運用を定める上位の法令と細かい運用を定める下位の法令との組み合わせによって機能します。下位の法令は上位の法令の内容を受けて制定されるため、下位の法令は上位の法令の内容と相反する規定を持つことはできません。仮にそのような規定があったとすれば、その規定は効力を持たないことになります。

憲法を例に説明しますが、国内においては、憲法に反する法律は制定できないことになります。仮に、形式的に有効な法律が存在し、その中に憲法に反する規定が含まれていても、その規定は効力を持ちません。ただし、法律として成立している以上はそれに従う人もいるわけですから、即座に効力をなくし、「無効」とすることはできません。裁判を通じて無効を主張することになります。(法律の制定過程において明白手続ミスがあったような場合、もしくは重大な人権侵害があった場合は即座に効力を失う可能性もあります。)

また、省令のほかにも通達などという規則がよく知られています。これは行政庁が定める規則ですが、一般的には国民には直接拘束力を持たず、罰則規定もありません。通達は厳密な意味では法令とは呼べませんが、行政組織の内部等においては効力を持っていることから、法令に近い性格を持っている規則です。


5/15
←前の頁へ →次の頁へ