レポート提出までのプロセス

ゴールまでのスケジュールをたてる

ここまでで、大学におけるレポートとは学術的な文章であり、さらに倫理も求められるということがわかりました。
それでは次に実際の作業内容をみてみましょう。

課題が出されたら、まず完成までの計画をたてます。いつごろまでに何を終えておけばよいのか、テーマ決定、情報収集、実際に書く時間などを考えてゴールまでのスケジュールを具体的にイメージして計画します。

執筆計画のためのポイント

1. とにかく早目にとりかかる
  • 先延ばしにすればするほどかける時間が少なくなり、その成果も不十分なものになってしまいます。
  • 立てた計画は常にうまく進行するとは限りません。
  • できるだけ余裕のあるスケジュールにしましょう。
2. 他のやるべきこととのバランスを考える
  • いま抱えている課題は1つだけですか?他の予定はありませんか?学生生活においては、予習や復習、クラブ活動など様々な活動があります。
  • レポートのためにかけられる時間を考えましょう。
3. 現実的で実行可能な計画をたてる
  • 壮大な計画をたてても、実行できなければ全く意味がありません。
  • ゴールまでに確実に完成することができる現実的な計画をたてましょう。
5/17
←前の頁へ →次の頁へ